竹田かぼす

竹田かぼすの歴史


かぼすはユズなどとともに大陸から伝わったとも言われていますが、様々な柑橘類が伝わった後に、日本の環境の中で独自に生まれた可能性もあると言われています。

大分県竹田市の近隣には、樹齢200年にもなると言われる古木があり、他の県にはこのように長い樹齢の枯木が無いので、大分県が原産の柑橘類かもしれません。

竹田かぼすの栽培は、江戸時代に大分県竹田市一帯を治めた岡藩が、風邪薬や生魚の鮮度の維持、防腐用に使う果実として、また、換金する物産として奨励したのが始まりと伝わっています。

竹田市では、昭和30年頃から本格的に栽培推進を行いました。そして、昭和40年頃から大分県も栽培を奨励することになり、現在では竹田市と臼杵市が主要な生産地となっています。

竹田かぼすの特徴

料理を美味しくします!

竹田かぼすは、強すぎない程よい酸味と、爽やかな風味で、焼き魚や鍋料理はもちろん、鶏肉や牛肉料理など、たくさんの料理の味を、上手に引立てます!

 においに対する感覚は五感の中で最も鋭敏で、情緒に密接に結びついているといわれます。やわらかくて懐かしい香りやにおいは心を落ち着かせ、安らぎを与えてくれます。中でもカボスなどの柑橘類はいきいきとしたフレッシュな香りで多くの人に好まれています。

引用:大分県カボス振興協議会HPより

減塩効果に期待♬


カボスは、香酸柑橘類の中でも酸味が強すぎないので食材の味を酸味で消すことがなく、またミネラル由来の塩味・苦味・甘味が相対的に高いため、焼き魚や鶏肉、牛肉等の素材の味わいを引き立たせるような料理に使うことにより、素材の味わいとの調和が活かされると考えられます。

 高血圧症に必要だといわれる減塩も酢をたっぷり摂れば極端な減塩食にする必要もありません。それに動脈硬化を防ぐ魚・肉・卵・ミルクは一方でコレステロールが心配ですが、酢を摂ることによって血中のコレステロールを減らし、血圧の上昇を抑えてくれます。

引用:大分県カボス振興協議会HPより

栄養たっぷりの、竹田かぼす

美しい山々と、豊かな水に恵まれた、竹田のかぼす畑で育つかぼすは、栄養豊富でみずみずしく、豊富なミネラルが料理とマッチして、深い味わいを感じさせます。

また、ダイエットにはげむ女性に人気のナリンギン等、4種類のフラボノイドも含まれています。

かぼすの栄養成分表

引用:五訂日本食品標準成分表より かぼすの果汁 可食部100gあたりの成分

かぼすに含まれる香り成分 フラボノイド

    • ナリンギン
    • ナリルチン
    • ヘスペリジン
    • ネオヘスペリジン

参考資料:平成24年度 研究報告 大分県産業科学技術センター 成熟カボスの加工利用に関する研究(第2報)

かぼすの旬


竹田かぼすは、6月のハウス栽培の出荷から始まり、8月9月に露地栽培のピークを迎えて、貯蔵出荷のたけたゴールデンカボスを2月まで出荷します。一年のほとんど、なんと9ヶ月もの間、楽しむことが出来る柑橘類です!

美味しいかぼすの加工品

かぼすの特徴は酸味と香り。江戸時代から果皮を吸い物、そうめん、刺身などの薬味にしたり、果汁をしぼって焼き魚、唐揚げ、漬け物、鍋料理、焼配村に加えたりと、色々な使われ方をしてきました。

そして現代では、加工品として清涼飲料の「Cサワー」、「つぶらなカボス」、「かぼすの秘蜜」などが手軽なカボス飲料として、とても人気があります。

その他にもカボスの石酸・入浴剤などもあります。都市圏では、瓶入りのかぼす果汁が、鍋料理などの料理店で「ポン酢」の材料や、調味料として多く使用されています。

ギュッとしぼって! 楽しい 竹田かぼす

竹田かぼすの切り方・しぼりかた

  • 基本は、かぼすを横から2つに切って、半分ずつギュッとしぼる。握るようにしぼることで、五感をつかってかぼすを楽しめます。

 

  • くし切りにすると、お弁当やドリンクの飾りにぴったりです。指でつまんでちょっとしぼる。ビュッフェやパーティー等、こまめに味の変化を楽しむ料理におすすめ。

 

  • レモンしぼり器でしぼる事が出来ます。かぼすをしぼるには、先端が細くなっている物が使いやすいです。

 

かぼすの輪切り

おいしい料理の方法

ブログカテゴリ「かぼすLIFE」


もっと詳しく竹田かぼす

竹田市のかぼすの歴史 -竹田市カボス生産出荷組合の歩みより-