かぼすの歴史

竹田市のかぼすの歴史 -竹田市カボス生産出荷組合の歩みより-

生產出荷組合設立前(~昭和47年)

竹田市では、竹田の気候に適し、古くから栽培されていた「カボス」と「クリ」を推進果樹として選定して栽培を推進しました。

昭和30年に「竹田市特用作物振興事業費補助金条例」を制定して苗木代の一部を助成して作付拡大を進め、昭和40年に、両果樹の生産振興のために「果樹振興同志会」を発足しました。

昭和45年からの米の減反政策により、特産物として高値で売れていたカボスの新植が進み、大野郡緒方町(現豊後大野市緒方町)でも本格的な栽培が始まりました。急速な面積拡大に対応するため、竹田市と緒方町では苗木増殖園を設置して農家に苗木を供給し、竹田市では、昭和47年に「竹田市カボス増殖事業資金貸付金条例」を制定し、30a以上を植え付けるなどの農家の支援もしました。このような中、生産者が一体となって生産振興を図るため、同志会組織を「竹田市カボス・クリ生産出荷組合」として活動を始めました。

片ヶ瀬に設置されたかぼす母樹園(昭稀47年)

組合設立後(昭和47年~)

竹田市カボス生産出荷組合として独立

竹田市ではカボスの団地化による面的拡大を図るため、昭和40年代後半から倉木地区に10haの団地の造成に着手しました。生産振興に取り組む中で、カボス生産者が増えたことから、昭和53年にカボスとクリを別々の組織とすることになり、「竹田市カボス生産出荷組合」として独立し、事務局を竹田市農業協同組合営農部(現大分県農協竹田事業部園芸課)が受け持つことになりました。

転作田に新植されたカボス(昭和48年)

出荷期間の拡大と栽培団地の造成

カボス生産者が増加し組合も独立してカボス生産振興の基盤が出来上がる中、促成栽培による早期出荷を図るため施設化の試験も始まり、促成栽培のためのハウスの導入も始まりました。また、昭和54年に飛田川に70haの農地造成をし、日本一のカボス団地を目指して、組合と生産者が一体となってより一層の作付拡大を進めてきました。

販売動向

消費は大分県内全体に広がったものの、倍々の勢いで増える生産量に消費量が追いつかず、価格が低迷し、生産意欲もそがれていきました。このため、消費地域の拡大を図るため昭和48年に「竹田市カボス流通対策協議会」を市・農協・生産農家で設立し、以後毎年、関係団体と組合が一体となって東京・大阪・福岡等の大都市で販路拡大宣伝活動を始めました。一方、農協では、市場流通できない品質の低い果実の処理と価格暴落時の対策のために、加工品に力を入れるようになり、果汁を使った様々な製品開発と販路開拓を行いました。

レモンの輸入ストップとカボス知名度向上

昭和56年に輸入レモンの薬剤処理問題によつてレモンの輸入が止まったことでレモンに替わるものとしてカボスが注目を浴び、そのため高価格と品不足状態が続き、一挙にカボスの知名度と消費量が拡大しました。

さらに、昭和59年に、地中海ミバエによるレモンの輸入停止措置があり、カボスがいつそう消費者に知られるようになるとともに、レモンにはない特色が認められ、販売はしばらく安定状態となりました。

長期出荷体制の整備

順調に販売が拡大する中、生産農家の栽培意欲が高まり、新たな植え付けが進み、昭和58年に飛田川に選果場を設置して共選へと移行して規格の統一も図られました。併せて隣接する緒方町との広域共販の連携も始まりました。この頃から年間を通した出荷、特に消費の最盛期である冬場の出荷に対する要望が高まり、組合員の理解と協力のもとに低温貯蔵による出荷期間の延長が取り組まれ、併せて、昭和59年から本格的に施設栽培が始まりました。

その結果、昭和60年には、初めて3億円の販売額に達し、竹田市の一村一品の代表格に成長しました。そして、貯蔵部会を結成して、栽培から出荷までの技術研修にも取り組みました。昭和62年に大型貯蔵施設が完成し、平成元年以降は、個別の短期貯蔵施設や栽培施設、省力機械等の整備を行い、現在では加温ハウス・無加温ハウス・露地・中期貯蔵・長期貯蔵により、ほぼ1年を通した周年出荷体制が整いました。

近年の状況

近年は、生産者の高齢化やスダチなど様々な地域特産柑橘類との競合があるなど、生産及び販売には厳しい状況が続いています。

このような中ではありますが、組合では積極的に九州管内の市場に出向いて取引協議を行うとともに、魚市場と連携した消費拡大PR、東京や岩手県等の各種イベントへ参加し、「大分かぼす」としてブランドも統一する中、積極的にカボスの宣伝活動を行ってきました。さらに、地域の特産品として料理コンクールなど地域内での消費拡大も併せて取り組んでいます。

竹田市カボス生産出荷組合設立後40年の歩み


カボスの話

竹田市(大分県)の食卓に欠かせない代表的な食材といえばカボスで、様々な料理の酸味や香り付けに用いられ、昔は家庭には必ずカボスの木が植えられ大切にされていました。今では、大分県といえばカボスをイメージする人も多くなっています。

カボスとは

学 名:Citrus sphaerocarpa Hort. ex Tanaka

英 名:Kabosu

地方名:香橙、かぼすゆ、本かぼす、しやんす(注1)

ミカン科カンキツ(ミカン)属の常緑果樹で、柑橘類の中でも古い形質を残し、生態的特徴や遺伝分析の結果からカボスの成立にはユズが関与しているらしく、ユズやスダチと並んで、柑橘類では最も耐寒性が強いとされています。

名前の由来は、ダイダイ(橙)の古名であるカブスから転訛した、あるいは、昔はカボスの果実を乾燥させたものを囲炉裏にくべて岐を煩したことから、「岐いぶしーやカブスーやカボス(注2)」と転訛したとされています。

注1 竹田市や近隣の地域で「しやんす」と呼ばれている柑橘はカボスとは別の柑橘で、由来は不明でごく僅か残っており、食酢の他に生食もされています。

注2 この説はダイダイのことでカボスではないともされ、はっきりとはしていません。

竹田市(大分県)のカボス

カボスはユズなどとともに大陸から伝わった可能性もありますが、柑橘類は非常に枝変わりが多く、様々な柑橘が日本へ伝わった後に生まれたのかもしれません。臼杵市には、現在も樹齢200年前後の古木があります。他県にはこのような古木がないことから大分県が原産と思われます。

栽培は、江戸時代の岡藩で、風邪薬や生魚の鮮度保持、防腐の使い方をする果実として、また、換金物として奨励されたのが始まりと伝えられており、昭和30年頃から竹田市で本格的な栽培推進が始まり、昭和40年頃から大分県も栽培を奨励すこととなり、やがて竹田市及び臼市が主要産地となりました。栽培の推進に併せて優良な品種を選定し、木の姿や果実の色の濃さ、種の多さなどが異なる品種があります。

カボスの栽培形態と旬・・・緑色のカボスと黄色のカボス

現在のカボスは、ハウス栽培と貯蔵の技術が発達したことと、臼杵市や杵築市など海岸沿いでも栽培されており、ハウス栽培では竹田市よりも早

く出荷ができることから、1年中緑色のカボスを利用できるようになっています。一般の家庭に植えられているカボスは、夏の終わり頃から初冬にかけてよく利用され、最初は緑色であったものが晩秋には黄色く着色したものを利用していました。本来カボスは気温が下がり始めると果実が熟して黄色くなり始め、露地で自然の状態で栽培していると晩秋から冬には黄色いカボスになります。流通しているカボスの多くは緑色ですが、これは、消費者の嗜好と緑色の新鮮さから緑色のカボスが好まれるようになったことによります。

カボスの利用

カボスの特徴は酸味と香りで、果皮を吸い物、そうめん、刺身などの薬味にしたり、果汁を捧って焼き魚、唐揚げ、漬け物、鍋料理、焼配村に加えたりと、用途は多岐にわたります。江戸時代までは、醸造食酢は高価だったので、

カボスは料理の酸味として欠かせないものであり、

また、豊富に含まれるビタミンCやクエン酸は健康にも重要な食品だったと思われます。消費者の嗜好や緑色の新鮮さから、現在は緑色のカボスが主流ですが、寒い時期に黄色いカボスを楽しむのも季節感があって楽しいものです。加工品として清涼飲料の「Cサワー」、「つぶらなカボス」、「かぼすの秘蜜」などは手軽なカボス飲料として非常に人気があります。その他にカボス石酸・入浴剤などもあります。都市圏では、よくスダチと比較され、小粒なスダチが使いやすいとして人気があるようですが、鍋料理などの料理店では「ぼん酢」として使うことが多いので果汁の多いカボスが好まれるようで寸。このぼん酢は、醤油にカボス果汁と出汁などを加えて作り鍋料理などに利用しますが、その他に、湯飲みにカボス果汁を捧り砂糖や蜂蜜を加えてお湯を注いで温かい飲料とするものもあります。

カボス・スダチ・ユズ・シークワシャー(食酢としての柑橘類)

日本原産の柑橘類は、タチバナ(橋)と沖縄県のシークワシャーのみです。タチバナは「魏志倭人伝」に記載され、万葉集にも多くの歌が詠まれ、古い時代は観賞用や薬用として利用されました。「古事記」や「日本書紀」にはダイダイ、「万葉集」にはカラタチ、「続日本書紀」にはユズがありますが、これらは中国から伝わりました。

江戸時代までは「酢」が庶民には手の届かない賛沢品だったので、多くの柑橘類が食酢として用いられていました。ビタミンCを大量に含み貯蔵できる柑橘類は非常に重要な食品で、古の人々は自然と柑橘類を利用していたようです。

ユズは中国長江上流域を原産で平安時代に日本へ伝わり、シークワシャーは査美大島から沖縄、台湾にかけて分布する柑橘で、古い時代に分かれた系統と考えられます。

いずれも強い酸味と芳香が好まれ料理や加工品に使われており、各地域で有用な柑橘類を知恵の中から工夫して用い、各地の食文化にも影響を与えています。

【食酢に用いられる様々な柑橘類(カボス以外)】

スダチ

  • ユズの近縁種で、来歴は明らかでないが徳島県には300年以上の古木がある。
  • 庭先果樹として栽培されていたが、昭和35年頃から営利栽培が盛んになった。
  • 利用方法はほぼカボスとほぼ同様で、やはり品種も育成されている。

ユ ズ

  • 中国原産で、日本では奈良・平安時代には栽培されていた。
  • 高知県、徳島県、愛媛県、宮崎県、大分県で栽培が多い。
  • 栽培が古いこともあり全国的に利用され用途も多岐にわたる。
  • 高知県馬路村はユズ栽培が有名で、今から800年前に源平合戦で敗れた平家落人が馬路村に京都の食文化を持込み栽培が始まった。

ダイダイ

  • インド原産で、日本へは最も古い時代に伝わったらしい。
  • 正月の縁起物のイメージがあるが、食酢としてぽん酢によく利用されてきた。

シークワシャー

  • 日本在来種で、奄美大島、沖縄県、そして、台湾に分布する。
  • ほぼ沖縄県でのみ栽培され、特産品として県外出荷PRも盛んになっている。
  • 古来沖縄では食用の他に芭蕉布の染み抜きに用いられ、現在は生食、食酢、ジュースとして消費される。上記3種とは異なる独特の香りがある。

ジャバラ

  • 和歌山県東牟婁郡北山村原産で、同地のみで産し、地元の柑橘類の自然交雑で生まれ、北山村では昔から正月料理にも出されていた。
  • ジャバラらの名前は「邪」を「祓う」ことから名づけられたといわれ、近年、成分が花粉症に効果があるとされ人気が高まったことから爆発的に売れ、北山村ではジャバラで村おこしに取り組んでいる。

シャンス

  • 来歴は不明であるが、豊肥地区特産の柑橘類として古い時代に、生食及び食酢として利用されてきた。
  • 現在、竹田市と豊後大野市緒方町に残っているが、いずれも古木である。